読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり気ままな鎌倉ウォーク

写真好きの私が、独り気ままに鎌倉を歩き撮った写真で鎌倉を紹介していくブログです

  鎌倉鎌倉に出かけた後更新しております。

本覚寺(2017年4月)

4月中旬になり、非常に天気が良く暖かくなってきたので久々に鎌倉に出かけました。今まで巡って来たお寺も、再度回ろうと思い今回は鎌倉駅の近くにある本覚寺からはじめました。

本覚寺(ほんがくじ)は、神奈川県鎌倉市にある日蓮宗の本山(由緒寺院)。山号は妙厳山。本尊は釈迦三尊像。身延山久遠寺にあった日蓮の遺骨を分骨したため「東身延」とも呼ばれる。鎌倉駅の近くにある。

本覚寺 (鎌倉市) - Wikipedia

続きを読む

円覚寺(2017年4月)

東慶寺に行った帰り道、折角なので北鎌倉駅の近くにある円覚寺にも行ってまいりました。この頃は結構本降りだったな。寒い〜。

円覚寺(えんがくじ)は、神奈川県鎌倉市山ノ内にある寺院。山号を瑞鹿山(ずいろくさん)と称し、正式には瑞鹿山円覚興聖禅寺(ずいろくさんえんがくこうしょうぜんじ)と号する。臨済宗円覚寺派大本山であり、鎌倉五山第二位に列せられる。本尊は宝冠釈迦如来、開基は北条時宗、開山は無学祖元である。なお、寺名は「えんくじ」と濁音で読むのが正式である。

円覚寺 - Wikipedia

続きを読む

東慶寺(2017年4月)

ちょっと記述が遅れてしまいましたが、4月最初の土曜日に東慶寺に行ってまいりました。雨が降る中に出かけたので、凍える中での撮影でした。

東慶寺(とうけいじ)は、神奈川県鎌倉市山ノ内にある臨済宗円覚寺派の寺院である。山号は松岡山、寺号は東慶総持禅寺。寺伝では開基は北条貞時開山覚山尼と伝える。現在は円覚寺末の男僧の寺であるが、開山以来明治に至るまで本山を持たない独立した尼寺で、室町時代後期には住持は御所様と呼ばれ、江戸時代には寺を松岡御所とも称した特殊な格式のある寺であった[注 1]。また江戸時代には群馬県満徳寺と共に幕府寺社奉行も承認する縁切寺として知られ、女性の離婚に対する家庭裁判所の役割も果たしていた。

東慶寺 - Wikipedia

 

続きを読む